ニュース
» 2011年07月27日 12時17分 UPDATE

Microsoft、写真編集ツール「Photo Gallery」でRAWデータをサポート

120種以上のDSLRをサポートする「Camera Codec Pack」をダウンロードすれば、WindowsエクスプローラでもRAWデータを表示でき、「Windows Live Photo Gallery 2011」で編集できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月26日(現地時間)、オンライン写真編集ツールの「Windows Live Photo Gallery 2011」をアップデートし、RAWデータに対応させたと発表した。同ツールはWindows Liveのページから無料でダウンロードできる。対応するOSはWindows Vista以上。

 RAWデータを利用するには、Photo Galleryとは別に「Microsoft Camera Codec Pack」をダウンロードする必要がある。このコーデックパックにより、WindowsエクスプローラでもRAWデータを開けるようになる。キヤノンのEOS Kissシリーズをはじめとする120種以上のDSLRカメラのフォーマットに対応する(ダウンロードページに対応機種の一覧がある)。

 Photo Galleryでは、RAWデータをJPEG-XRに変換し、編集できる。また、Photo Fuse機能でもRAWデータを扱えるため、従来よりきれいなパノラマ写真が作成できるようになったという。

 なお、米Appleの無料写真編集ツールのiPhotoでもRAWデータを編集できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -