ニュース
» 2011年08月02日 19時37分 UPDATE

「ThinkPad Tablet」をレノボが発売 「IdeaPad Tablet」も

レノボからAndroid 3.1搭載「ThinkPad Tablet」「IdeaPad Tablet 」が登場。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは8月2日、ThinkPadシリーズ初のタブレット端末「ThinkPad Tablet」を発売した。法人向けで、直販価格は4万7040円から。コンシューマー向けの「IdeaPad Tablet K1」も8月26日に発売する。実売予想価格は5万円前後。

 両製品ともAndroid 3.1とTegra 2プロセッサ、1Gバイトメモリ、10.1インチ液晶ディスプレイ(1280×800ピクセル)、前面・背面カメラを搭載する。

photophoto ThinkPad Tabletはオプションでデジタイザーペンを利用可能

 ThinkPad Tabletはオプションのデジタイザーペンを使って細かな手書きが可能なほか、SDメモリーカードデータの暗号化などセキュリティ機能を備えている。16Gバイトモデル、32Gバイトモデル、64Gバイトモデルの3モデルをラインアップする。サイズは260.4(幅)×181.7(奥行き)×14.5(厚さ)ミリ、重さ約743グラム。バッテリー駆動時間はWi-Fi使用時で約9時間。

photophoto レッドとホワイトの2モデル

 IdeaPad Tabletはレッドとホワイトの2モデル。内蔵フラッシュメモリは32Gバイト。サイズは264(幅)×189(奥行き)×13.3(厚さ)ミリ、重さ約750グラム。バッテリー駆動時間は無線LAN使用時で約8.6時間。

関連キーワード

ThinkPad Tablet | IdeaPad Tablet | レノボ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -