ニュース
» 2011年08月22日 07時02分 UPDATE

Google、なりすまし対策で「Google+」に確認済みアカウント機能を追加

Google+にTwitterの「認証済みアカウント」と同様の偽アカウント防止対策機能が追加された。マーク・ザッカーバーグ氏などの著名人のアカウントに認証バッジが表示される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月20日(現地時間)、フィールドテスト中のソーシャルサービス「Google+」に、アカウントが本人のものであることを示す“認証バッジ”機能を追加したと発表した。Googleの従業員ウェン・アイ・ユー氏がGoogle+に投稿した説明によると、現在は、著名人や公的な人物、“多数のサークルに追加されている人”が対象となっており、今後範囲を広げていくという。

 例えば、マーク・ザッカーバーグ、ラリー・ペイジ、サーゲイ・ブリン、ロバート・スコーブル、ティム・オライリー、伊藤譲一の各氏に既に認証バッジが付いている。

 verified 1 アカウント名の右側にグレーのチェックマークが付いている場合、
 verified 2 マークにカーソルを合わせると「名前を確認しました」と表示される

 確認対象の選び方や確認方法についての具体的な説明はなく、ユー氏の投稿に対するコメントでは、わずか163人のサークルに追加されているサウスダコタ大学の学生、エイドリアン・ロドリゲス氏が自分が認証されたと報告している。同氏はKnol(Googleの知識共有サービス)での個人認証が流用されているのだろうかと推測している。

 米Twitterにも同様の本人確認機能「認証済みアカウント」がある。サービスが急速に普及して有名人になりすますアカウントが増え、トラブルが発生したことなどを受けて2009年6月にスタートした。ヘルプセンターの説明によると、Twitterの認証バッジは「そのアカウントが本人であるかどうかについて、ユーザーに日常的に混乱を引き起こすようなアカウント」に適用されるという。

 verified 3 Twitterの認証バッジ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -