ニュース
» 2011年08月25日 08時09分 UPDATE

Apple、オランダでSamsungのスマホ販売差し止めの仮命令を獲得 ただしタブレット特許侵害は認められず

ドイツの地裁は欧州での「Galaxy Tab」の販売差し止めの仮命令を下したが、オランダの地裁はAppleの関連特許の機能は「特許で保護するほど独創的なものではない」として販売差し止め要請を受けなかった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 オランダのハーグ地方裁判所は8月24日(現地時間)、米Appleが韓国のSamsung Electronicsの製品がAppleの特許を侵害しているとして提訴した件で、SamsungのAndroidスマートフォンのオランダでの販売を差し止める仮命令を下した。対象となるのは「Galaxy S」「Galaxy S II」「Ace」の3モデル。

 Appleは「Galaxy Tab」についても特許侵害を訴えているが、同タブレットについては認められなかった。欧州ではドイツのデュッセルドルフ地裁が、オランダを除くほぼ全地域での「Galaxy Tab 10.1」の販売差し止め命令を下している。

 特許問題をテーマにしている米ブログFOSS PATENTSによると、オランダの地裁は、Appleのスワイプすることでロックを解除するジェスチャーに関する特許について、スウェーデンのNeonodeという企業がAppleが特許を取得する前に同様の機能を製品に採用しており、この機能は特許で保護するほど独創的なものではないと結論付けた。その結果、この特許を侵害しているとするAppleからのGalaxy Tabの販売差し止めの申し立てを却下した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -