ニュース
» 2011年08月29日 07時09分 UPDATE

Apple、ティム・クック新CEOに100万株を授与 10年続投が条件

スティーブ・ジョブズ氏からAppleのCEO職を引き継いだティム・クック氏に対し、5年後にAppleの50万株が、10年後にさらに50万株が提供される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleが8月24日(現地時間)付で米証券取引委員会(SEC)に提出した書類から、同日AppleのCEOに就任したティム・クック氏に対し、100万株の制限付き株式が提供されることが明らかになった。

 この書類は、スティーブ・ジョブズ氏のCEO辞任と会長就任、クック氏のCEOおよび取締役就任を報告するものだ。Appleの取締役会はこの中で、クック氏にAppleの100万株を、2016年8月24日に50%、2021年8月24日に残りの50%の2回に分けて授与するとしている。制限付き株式(RSU)は企業が従業員(特に幹部)を引き留めるために使う手段で、米国では“golden handcuff(黄金の手錠)”と呼ばれる。クック氏の場合、5年CEOを務めれば50万株、10年続投できればさらに50万株を取得できることになる。

 同社の株価は26日の終値で383ドル58セント。100万株は約3億8360万ドルに相当する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -