ニュース
» 2011年08月30日 07時42分 UPDATE

Microsoft、「Windows 8」のリボンインタフェースを紹介

「Windows 8」では、エクスプローラのツールバーやメニューバーが「Office 2007」と同様のリボンインタフェースに置き換えられる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは8月29日(現地時間)、次期OS「Windows 8」の「エクスプローラ」でリボンインタフェースを採用すると発表した。開発者向けブログ「Building Windows 8」で詳細を説明している。

 リボンインタフェースは、Microsoftが「Office 2007」から採用しているグラフィカルインタフェースで、従来のメニューバーとツールバーを置き換えるものだ。コマンドをタブでグループ化することにより、目的のコマンドが見つけやすいなどのメリットがある。現行OSの「Windows 7」では、「ワードパッド」と「ペイント」にリボンインタフェースが採用されている。

 Windows 8のエクスプローラでは、「File」「Home」「Share」「View」「Manage」などのタブが用意される。Homeタブには、「ペースト」「プロパティ」「コピー」など、使用頻度の高いコマンドがまとめられている。Microsoftの調査によると、現行のエクスプローラでは使用頻度の高い上位10個のコマンドが利用率の81.8%を占めているという。

 home Windows 8のエクスプローラ(「Home」タブを表示したところ)
 share 「Share」タブ
 view 「View」タブ

 なお、各コマンドには従来通りショートカットが割り当てられているほか、リボンインタフェースを最小化して「Quick Access Toolbar(QAT)」というカスタマイズできるツールバーを利用してすれば、従来に近いユーザーインタフェースに切り替えることも可能だ。

 hide リボンを最小化した状態

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -