ニュース
» 2011年09月07日 09時23分 UPDATE

AT&TのT-Mobile買収、競合のSprintも独禁法で提訴

AT&Tによる390億ドルでのT-Mobile買収に対し、米司法省に続きモバイル市場4位のSprintも独禁法違反だとして提訴した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Sprint Nextelは9月6日(現地時間)、米大手通信キャリアのAT&Tによる同業のT-Mobile USAの買収は独禁法に違反するとし、AT&T Mobility、T-Mobile、T-Mobileの親会社であるドイツのDeutsche Telekomを米コロンビア地区連邦地裁に提訴したと発表した。1日には米司法省もこれら3社を同地裁に提訴している

 AT&Tは3月20日、独Deutsche Telekom傘下のT-Mobile USAを390億ドルで買収すると発表した

 この買収が完了すれば、AT&Tは米通信キャリアの加入者数で圧倒的な首位に立つことになる。SprintはAT&T、Verizon、T-Mobileに続く米国で4位の通信キャリアだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -