ニュース
» 2011年09月14日 09時29分 UPDATE

GoogleとIntel、AndroidでのAtomサポートを発表

モバイルではARMなどに後れを取っているIntelがGoogleと提携し、将来版AndroidがAtomをサポートすると発表した。開発者会議IDFではAtom搭載Android端末のプロトタイプが披露された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleと米Intelは9月13日(現地時間)、Intelがサンフランシスコで開催している開発者向け年次会議「IDF 2011」において、GoogleのモバイルOS「Android」の今後のバージョンでIntelのモバイル向けプロセッサ「Atom」をサポートすると発表した。

 GoogleでAndroidの開発を統括するアンディ・ルービン上級副社長がIDFの基調講演に登場し、「AndroidをIntelのスマートフォン向け低消費電力プロセッサのロードマップと結合させることで、改革と選択の機会を拡大できる。この提携はAndroidのエコシステムを促進するだろう」と語った。

 intel 1 基調講演中のアンディ・ルービン氏(左)とIntelのポール・オッテリーニ社長兼CEO

 基調講演では、ルービン氏がIntelのプロセッサを搭載したAndroid端末のプロトタイプを披露した。2012年初頭には複数のOEMからIntel搭載Android端末が登場するという。

 intel 2 Android端末を掲げるルービン氏

 IntelはPC市場では圧倒的な首位にあるが、タブレットやスマートフォンなどのモバイル市場では米ARMなどの競合に後れを取っている。同社が6月に修正を発表したAtomの開発ロードマップによると、2012年初頭には32ナノメートル版(コードネーム:Medfield)を搭載したスマートフォンやタブレットが発売される見込みだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -