ニュース
» 2011年10月04日 11時15分 UPDATE

「iPhone 5」は米Sprintが当面独占販売、WiMAX対応? 米報道

新iPhoneは「iPhone 4S」と「iPhone 5」の2機種で、iPhone 5は米国ではSprintが独占販売する、という報道。iPhone 5はWiMAXにも対応するという。

[ITmedia]

 新iPhoneは「iPhone 4S」と「iPhone 5」の2機種で、iPhone 5は当面、米国3位の携帯事業者Sprintが独占販売する──米国でこんな報道が飛び交っている。iPhone 5はWiMAXにも対応するという。

 米国ではこれまで2位のAT&TがiPhone(W-CDMA)を販売してきたが、今年1月にCDMA2000版iPhoneを最大手のVerizonが販売。3位のSprint(CDMA2000)も新たにiPhoneを販売すると報じられていた。

 Wall Street Journalによると、Sprintは2014年までに3050万台のiPhoneをAppleから購入することで合意したという。

 関連して、BGRは「iPhone 5」はSprintが当面独占的に販売し、AT&TとVerizonは「iPhone 4S」を販売し、来年第1四半期にLTE対応端末としてiPhone 5を販売するすることになると報じている。

 BGRによると、iPhone 4SはA5プロセッサと800万画素カメラ、W-CDMAとCDMA2000の両対応、NFC搭載──が特徴という。

 Sprint向けiPhone 5はWiMAXに対応。世界モデルではHSPA+に対応し、より高速なプロセッサと1Gバイトメモリ、4インチディスプレイなどを搭載しているという。

 Appleは日本時間の10月5日午前2時から、iPhone関連イベントを開催する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -