ニュース
» 2011年10月12日 08時21分 UPDATE

Zynga、HTML5ベースのモバイルゲームと「Project Z」を発表

ソーシャルゲーム大手のZyngaが、独自のゲームプラットフォームと8本の新ゲームを発表した。そのうち3本はHTML5ベースのWebアプリゲームだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ソーシャルゲーム大手の米Zyngaは10月11日(現地時間)、サンフランシスコの新社屋で開催したメディア向けイベント「Zynga Unleashed」において、ソーシャルゲームサービス「Project Z」(コードネーム)と数本の新ゲームを発表した。

 Zyngaは、米Facebookやmixiなどのソーシャルサービス上で遊べる「ファームビレッジ」やポーカーなどのゲームを提供するソーシャルゲーム大手。1カ月当たりのアクティブユーザー数は約2億3200万人。7月に株式上場を申請した。

 ZyngaはProject Zを「Facebook Connectで利用できる新たなソーシャルゲームサービス」と説明する。同じゲームを好きな友達やそのゲームをプレイ中の人と、すぐにゲームをしたいというユーザーの希望をかなえるのがこのサービスの目的という。Facebook Connectを利用するものの、複数のソーシャルサービス上のゲームユーザーを結び付ける独自のソーシャルプラットフォームになるようだ。

 Project Zの概要はほとんど明かされていないが、Zyngaは同日、Project Zのスタートに備え、ZyngaのWebサイトで自分の「zTag」を取得するよう呼び掛けた。zTagはProject Zでプレイできるゲームで共通して利用するユーザー名になる。

 zynga 1 zTagは一意のユーザー名

 Project Zは“間もなく”スタートするという。

 新ゲームは、Facebook向けの「CastleVille」「Zynga Bingo」「Hidden Chronicles」と、Facebookと米Googleのソーシャルメディアサービス「Google+」でプレイできる「Mafia Wars 2」、米AppleのApp Storeで提供する「Dream Zoo」。

 Zynga 2 Google+でもプレイできる「Mafia Wars 2」

 そして、前日Facebookが発表したモバイルゲームプラットフォームで構築したHTML5ベースのWebアプリゲーム、「Zynga Poker Mobile Web」「Words With Friends HTML5」「Farmville Express」だ。これらのWebアプリゲームはFacebookの特設ページで12日からプレイできるようになる。これらのモバイルゲームは、FacebookのiPadアプリからも利用できるようになる見込みだ。

 zynga 3 FacebookのHTML5ゲーム特設ページ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -