ニュース
» 2011年10月19日 10時38分 UPDATE

Motorola、7.1ミリ厚のAndroid 2.3端末「DROID RAZR」を発表

Motorolaが“カミソリのように薄い”スマートフォン「DROID RAZR」を発表した。米国ではVerizonが10月末から予約を受け付ける。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Motorola Mobilityは10月18日(現地時間)、米GoogleのAndroid 2.3.5(コードネーム:Gingerbread)搭載のスマートフォン「DROID RAZR」を発表した。米国では米Verizon Wirelessが独占的に販売する。11月に発売の見込みで、価格は2年間の契約付きで299.99ドル。

 DROID RAZRの最大の特徴は7.1ミリという薄さ。筐体にケブラーというポリアミド系樹脂を採用したことにより、薄くても強度が高いという。1.2GHzのデュアルコアプロセッサを搭載し、ディスプレイはSuper AMOLEDの4.3インチ(解像度540×960)。カメラは800万画素と130万画素の2台を搭載しビデオ会議が可能だ。ストレージは内蔵の16Gバイトに加えmicroSDカードスロットに16Gバイトのメモリがプリセットされている。サイズは130.7×68.9×7.1ミリで重さは127グラム。

 ネットワークはWi-Fi、Bluetooth 4.0、LTE、CDMAに対応。テザリング機能を備え、8台までのWi-Fi対応端末を接続できる。

 DROID RAZR DROID RAZR

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -