ニュース
» 2011年11月14日 07時03分 UPDATE

モバイルFlash断念はAppleの拒絶が主因――Adobe幹部が説明

Adobeがモバイル版Flash Playerの開発中止を突然発表したことについて、同社で10年以上Flashの開発に従事しているマイク・チャンバース氏が個人ブログで理由を説明した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米AppleのiOSが採用しない以上、Flash Playerをモバイルに遍在させる道は閉ざされた――。米Adobe SystemsでFlash Platformのデベロッパー関係を担当する主席プロダクトマネジャー、マイク・チャンバース氏が11月11日(現地時間)、モバイル向けFlash Playerの提供中止について自身の個人ブログで説明した。

 mike chambers マイク・チャンバース氏

 Adobeは10日にモバイル向けFlash Playerプラグインの開発中止を発表した。チャンバース氏は、この発表では“なぜ”中止するのかの説明が不十分で、開発者コミュニティーへの配慮が足りなかったと謝罪し、理由を以下のように説明した。

 まず、モバイル版Flash Playerプラグインをデスクトップ版と同程度に普及させるには、主要なモバイルプラットフォームすべてで採用されることが必要だが、そうしたプラットフォームの1つである「AppleのiOSでは未来永劫Flash Playerが使えるようにはならない」ことが明らかだ。モバイルプラットフォームによるHTML5採用が拡大する現在、開発者にFlash版とHTML5版の両方を開発することを強いるよりは、HTML5ベースのソリューションを構築する方が理にかなっている。

 また、モバイルではデスクトップとは異なり、リッチなコンテンツを利用するために、Webブラウザではなくアプリを利用することが多い。従って、Flash Playerプラグインの必要性がデスクトップの場合より低い。

 さらに、リソースの問題もある。デスクトップの場合はWebブラウザベンダーと協力するだけで済むが、モバイル版の場合はプラットフォーム企業だけでなく、ハードウェアメーカーやプロセッサメーカーとも協力する必要がある。これでは拡張性も持続可能性も望めないので、リソースをHTML5にシフトする。ただし、「Adobe AIR」を利用すればAndroid向けに開発したFlash採用アプリを他のプラットフォームにも移植できるので、AIRの提供は継続する。

 デスクトップ版のFlash Player(Adobeによると、ネットに接続されるPCの99%以上にインストールされているという)については、ビデオ関連機能など、まだHTML5では実現できない機能もあることから提供を続ける。だが、HTML5とCSS3により、多くのことがFlash Playerなしに直接Webブラウザで実行できるようになりつつある。すべてのFlash機能がHTML5で実現できるようになるとは言わないが、開発者にはプロジェクトごとに開発ツールを検討するようお勧めする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -