ニュース
» 2011年11月17日 15時59分 UPDATE

Evernote、“読み”に集中できるGoogle Chrome拡張機能「Clearly」リリース

Webページを表示したままClearlyアイコンをクリックすると、広告やリンクのないシンプルな表示に切り替わり、集中して本文を読めるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Evernoteは11月16日(現地時間)、Webページから広告やリンクなど、気が散る要素を一時的に非表示にする拡張機能「Evernote Clearly」を米Googleの「Google Chrome」向けにリリースした。Chrome Web Storeからダウンロードできる。他のWebブラウザ版も開発中という。

追記

 Evernoteによると、現時点では日本語は正式サポートしておらず、レイアウトが崩れる可能性があるという。日本語対応は現在チューニング中とのこと。


 Evernote Clearlyをインストールすると、ツールバーにランプのアイコンが追加される。読みたいWebページを表示した状態でこのアイコンをクリックすると、ページ上のメニューバーや広告、他のページへのリンクなど、本文と直接関係のない要素を省いたシンプルな表示に切り替わる。本文内に埋め込まれた関連記事へのリンクも無効になるので、読んでいる途中で他のページに飛び、そのままになっていまうというようなこともない。

 clearly 1 広告やリンクの多いページ(左)もシンプルな表示になる

 ページの右側に縦に並ぶアイコンは、上から「元の表示に戻る」「ページをEvernoteにクリップする」「レイアウトの変更」「ページのプリント」。クリッピングしたページは、そのレイアウトのままEvernoteに追加される(筆者の環境ではクリッピングできなかった)。レイアウトは3種類のフォント、3種類の文字サイズから選択できるほか、拡張機能のオプション画面で、フォントの種類とサイズ、背景色を自分でカスタマイズできる。プリントでは広告だけでなく、本文内の画像もない本文だけを印刷するようだ。複数ページにわたる記事の場合、Clearyが自動的に1ページにまとめて表示してくれる。

 clearly 2 2ページにわたる記事は1ページに表示される(左)、レイアウトは選択できる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -