ニュース
» 2011年11月22日 08時05分 UPDATE

Google、iOS版検索アプリをアップデート iPadでの使い勝手を向上

Google検索のiPad版ネイティブアプリが大幅に改良され、インスタントプレビューやサムネイルによる履歴表示、画像のスワイプ閲覧機能などが追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月21日(現地時間)、米AppleのiOS向けGoogle検索アプリをアップデートしたと発表した。iPadとiPhoneに対応する新版(バージョン1.0.0.8117)の日本語版をApp Store(リンク先はiTunesプレビュー)からダウンロードできる。

 iPad向けのデザインが大きく変わった。検索の初期画面がシンプルになり、画面中央に検索枠が、その下に「履歴」「アプリケーション」「音声検索」のボタンが並ぶ。

 Googleインスタントでインクリメンタルに検索候補が表示され、検索結果では、デスクトップ版にある「インスタントプレビュー」機能が加わった。デスクトップ版のインスタントプレビューは検索結果上にマウスを置くと表示される「>>」をクリックして表示するが、iPad版では検索結果ページの右上端にあるアイコンをタップすると、検索結果のサムネイルが並ぶインスタントプレビュー画面になる。デスクトップ版のような検索結果ページから移動せずにページのプレビューを表示させることはできない。

 その代わり、検索結果を選択すると、選んだページが新しいタブとして開かれ、右にスワイプすることですぐに検索結果ページに戻れるようになった。スワイプを途中でとめることで、検索結果とページを横並びに表示させることもでき、サムネイルより表示に時間はかかるがインスタントプレビューと同じような使い方が可能だ。

 ipad google 左から初期画面、インスタントプレビュー、検索結果画面

 画像検索では、画像をタップすると大きく表示し、そのままスワイプすると検索結果の画像が順に表示される。

 初期画面の「履歴」をタップすると、検索履歴がサムネイルで表示される。「アプリケーション」をタップすると、Googleが提供する各種アプリを起動するためのアイコンが並ぶ(旧版では検索ページの下に「アプリ」ボタンがあり、これをタップすると別ウィンドウでサービス一覧が表示されていた)。

 ipad google 2 左から、画像検索の結果表示、「履歴」画面、「アプリケーション」画面

 また、検索結果ページのタブに「+1」ボタンとページ内検索ボタンが表示される。ページ内検索ボタンをタップすると、表示しているページ内にある検索語がハイライト表示される。

 iPhone向けとしては、バグの修正と検索結果を全画面モードで表示できる機能が追加された。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -