ニュース
» 2011年11月30日 07時25分 UPDATE

Google、Android版Google Mapsに空港などのインドアマップを追加

Android版Googleマップの6.0で、成田空港や六本木ヒルズなど、日本の一部施設の屋内案内図が表示されるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月29日(現地時間)、Android版Google Mapsをバージョン6.0にアップデートし、空港やデパートなど一部の施設のインドアマップ(β版)を追加したと発表した。東京のJR主要駅や大手百貨店などが対応している。

 maps 東京駅の旧版(左)と新版

 これまでは施設の中は上の左の画像のように赤く表示されていたが、対応する施設ではフロアマップが表示されるようになった。複数階ある場合、画面右のフロア選択リストをタップすることで表示したいフロアを変更できる。

 実際にその施設内にいて現在地情報(青い●で示される)を有効にしている場合は、実際にいる階の案内図が表示される。技術的な説明はないが、Googleはこの屋内版のマイロケーション機能を屋内用に調整してあるとしている。

 Googleは、まず米国と日本の主要空港や百貨店と提携してインドアマップをスタートした。現在のパートナー一覧には、成田空港、羽田空港、JRの東京と千葉の主要駅、東急や小田急などの百貨店、渋谷東急ハンズなどの名前がある。

 同社は今後、インドアマップの対応拡大を計画している。また、施設オーナーはGoogle Maps Floor Plansのページから、施設のフロアマップをアップロードできる。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -