ニュース
» 2011年11月30日 15時06分 UPDATE

WordPress、ブロガー向け広告サービス「WordAds」を発表

WordPressの有料ドメイン利用者であれば、ブログに広告を掲載することで新たな収入源を得られるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Automatticが運営するオープンソースのブログ作成ツールWordPressに、ブロガーが広告掲載で収入を得られる新機能「WordAds」が追加された。広告責任者ジョン・バーク氏が11月29日(現地時間)、ブログで発表した。

 WordPressのユーザーは長年、広告掲載を求めていたが、従来のオンライン広告サービスは“非常に質が悪いため”拒否してきたという。バーク氏は「米GoogleのAdSenseが最新式だとは、悲しいことだ」と書いている。

 バーグ氏は、広告を載せるなら良いものにしなければならないと考え、ブログ広告ネットワークの米Federated Mediaとの提携によりWordAdsをスタートするという。Federated Mediaは、起業家で検索の専門家でもあるジョン・バッテル氏が立ち上げた広告ネットワークで、BoingBoingやDigg、Twitterほか多数のメディアが採用している。

 WordAdsを紹介するページによると、同サービスを利用できるのは有料のカスタムドメインを持ち、ブログを一般公開しているブロガーのみだ。カスタムドメインは年額17ドルで登録できる。

 広告の掲載先は、トラフィックやエンゲージメント、コンテンツのタイプ、言語に基づいて選択される。申し込んでも条件に合わないブログは許可されない可能性もある。

 バーグ氏によると、1日当たり5万以上のブログが投稿されているという。WordAdsは広告主にとっても新たな機会になるだろう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -