ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2011年12月01日 20時26分 UPDATE

スマホカメラに光学式手ブレ補正 シャープ、1210万画素CMOSカメラモジュール開発

シャープが業界最薄となる光学式手ブレ補正機能搭載1210万画素CMOSカメラモジュールを開発した。

[ITmedia]
photo

 シャープは12月1日、業界最薄の光学式手ブレ補正機能搭載1210万画素CMOSカメラモジュールを開発し、2日からサンプル出荷すると発表した。

 1/3.2インチCMOSセンサーを搭載。オートフォーカス付き光学式手ブレ補正機能を備え、モジュール内部のレンズシフト方式の採用と高密度実装技術により業界最薄となる厚さ5.47ミリを実現したという。スマートフォンでも暗い場所などで高画質な撮影が可能になるとしている。

 来年1月10日から量産出荷を開始する計画。月産規模は10万個。サンプル価格は1万2000円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.