ニュース
» 2011年12月13日 11時07分 UPDATE

Microsoft、iPad向けにメモアプリ「OneNote」をリリース

テキストや画像のメモをクラウドに保存し、共有できるMicrosoftのメモアプリ「OneNote」のiPhoneおよびiPad版が日本のApp Storeに登場した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは12月12日(現地時間)、メモアプリ「OneNote」のiOS版をバージョン1.3にアップデートし、iPadに対応させたと発表した。日本語にも対応する無料アプリをApp Storeからダウンロードできる。1月に米国でリリースされたiOS版は、iPhoneにのみに対応していた。

 OneNoteは、テキスト、画像、動画、音声を記録し、Windows LiveのクラウドストレージSkyDriveを介して共有できるメモアプリ。Microsoft Officeスイートの各エディションに含まれるほか、Microsoft Office Web Apps版、Windows Phone版、iPhone版がある。無料だが、利用するにはWindows Liveのアカウントが必要だ。

 アップデートで日本語を含む複数言語に対応したほか、表組みの表示が可能になった。その他の新機能はWindows Liveへのサインイン方法の改善、Wi-Fi接続でのみメモを同期するオプションの追加など。

 無料版では500件のメモを保存できる。保存件数に制限のない有料版へのアップグレード料金は、iPhoneは4.99ドル(450円)、iPadは14.99ドル(1300円)。

 onenote

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -