ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2012年01月31日 10時03分 UPDATE

米携帯ユーザーの52%が実店舗での買い物中に携帯で調べ物――Pew Internet調査

買い物中、買おうと思った製品の価格を携帯で調べたユーザーの5人に1人は購入先をオンラインに切り替えた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米国在住の成人携帯電話ユーザーの半数以上が、商品購入決定のために実店舗内で携帯電話を使ったことがある――。米非営利調査機関Pew Research Centerは1月30日(現地時間)、ホリデーシーズンにおける店舗内での携帯利用について、このような調査結果を発表した。

 この調査は米国在住の成人1000人を対象に、2012年1月5〜8日に電話で実施されたインタビューに基づいている。

 クリスマスを挟んだ30日間に実店舗で商品を購入する際、何らかの形で携帯電話を使ったかどうかを尋ねたところ、携帯ユーザーの38%がその場で友人に電話をして意見を聞き、24%がオンラインレビューを検索し、25%がもっと安い店がないかオンラインで価格を調べたと答えた。いずれかの方法を使ったのは携帯ユーザーの52%に上った。

 pew 1 ホリデーシーズンに米携帯ユーザーはどのように携帯を利用したか(資料:Pew Research Center's Internet & American Life Project)

 店舗内で価格を調べたと答えた人のうち、37%がその製品を買うのをやめ、35%がその店舗でその製品を買い、19%がオンラインでその製品を買い、8%が別の実店舗でその製品を買ったと答えた。小売店に足を運んだ5人に1人がオンラインで購入したことになる。

変更履歴:本文中、「35%がその店舗でその製品を買うのをやめ」とありましたが、「35%がその店舗でその製品を買い」の間違えです。お詫びして訂正いたします。[2012/1/31 11:30]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.