ニュース
» 2012年02月08日 07時35分 UPDATE

Google、「Chrome for Android Beta」をICS向けに公開

Androidユーザー待望のWebブラウザ「Chrome for Android」のβ版が登場した。ただし、Android 4.0にのみ対応で、Flash非対応だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月7日(現地時間)、Webブラウザ「Google Chrome」のAndroid版、「Chrome for Android」のβ版を公開した。Android 4.0(コードネーム:Ice Cream Sandwich)に対応する。日本語版をAndroid Marketからダウンロードできる。

 デスクトップ版同様のスピードを目指したという同ブラウザでは、複数端末での設定の同期やシークレットモードといったデスクトップ版と同じ機能に加え、モバイル向けの機能も搭載した。

 Android版としての大きな特徴として、複数ページの切り替え方法の多様さが挙げられる。タブの表示方法を、スマートフォンとタブレット、縦表示と横表示など、画面に合わせて切り替えられる。タブは無制限に追加でき、フリップやスワイプでページの切り替えが可能だ。

 android 1 タブ表示

 モバイルの小さな画面でリンクを選択しやすいように、リンクを自動的にズーミングしてタップしやすくする「Link Preview」機能もある。

 Googleアカウントでログインしていれば、PCを含むすべてのChrome搭載端末同士で設定やブックマーク開いているタブを同期できる。また、デスクトップ版Chromeでの検索履歴も反映されるので、モバイル版でも検索語入力で履歴を反映したオートコンプリートが表示される。

 また、デスクトップ版で表示したページを1クリックで端末に送信し、外出先でオフラインで表示できる。

 android 2 シークレットモード(左)とブックマーク

 なお、米Adobe Systemsは既にモバイル向けFlash Playerの開発を終了しているため、Chrome for AndroidはFlash非対応だ。Androidの現行の純正WebブラウザはFlashに対応している。

 Androidには独自のWebブラウザがあるが、Googleは2011年8月に、Android向けWebブラウザでそれまでのWebKitのAndroidポートからChromiumポートに移行すると発表した。β版で発表されたChromeは、今後AndroidのデフォルトWebブラウザになるのかもしれない。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -