ニュース
» 2012年02月16日 11時48分 UPDATE

ドコモ、スマホ向け放送局「NOTTV」対応端末の第1弾発表 AQUOS PHONEとMEDIAS TAB

ドコモは、4月1日に放送を始めるスマートフォン向け放送局「NOTTV」の視聴に対応した第1弾端末を発表。「AQUOS PHONE SH-06D」と「MEDIAS TAB N-06D」の2機種。無料貸し出しキャンペーンも展開する。

[ITmedia]

 NTTドコモは2月16日、4月1日に放送を始めるスマートフォン向け放送局「NOTTV」の視聴に対応した第1弾端末を3月から順次発売すると発表した。シャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE SH-06D」と、NECカシオモバイルコミュニケーションズ製のタブレット「MEDIAS TAB N-06D」の2機種。

photo AQUOS PHONE SH-06Dは、デザインが一体化された卓上ホルダを同梱

 携帯端末向けのマルチメディア放送「モバキャス」に初めて対応。ドコモや民放テレビ局などが出資するmmbiがモバキャスで展開する「NOTTV」(ノッティービー)を視聴できる。NOTTVの視聴には月額420円が必要。

 AQUOS PHONE SH-06D(Android 2.3)は4.5インチ(720×1280ピクセル)液晶ディスプレイと1.2GHzデュアルコアCPUを搭載し、放送を高画質な映像で楽しめるという。アンテナ付き卓上ホルダを同梱し、充電しながら横位置のフル画面で放送を視聴できる。

photo MEDIAS TAB N-06DはNOTTVのシフトタイム視聴に対応し、DLNA経由で他機器でも再生可能

 MEDIAS TAB N-06D(Android 2.3)は7インチ(1280×800ピクセル)液晶ディスプレイを搭載。5インチ以上のタブレットとしては世界最薄という約9.9ミリで、Xi(テザリング可)にも対応した防水モデルだ。

 NOTTVを試せるモニターキャンペーンを展開。両機種を無料で約2週間貸し出し、NOTTVの番組内容などをチェックできるようにする。キャンペーンは9月30日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -