ニュース
» 2012年02月23日 12時43分 UPDATE

開発中の“PS4”はAMDチップ採用?

ソニーがPS3の後継機となる家庭用ゲーム機を開発しており、AMDがグラフィックスを担当するとForbesが伝えている。

[ITmedia]

 米ビジネス誌ForbesのWebサイトは2月22日付けで、ソニーがプレイステーション 3(PS3)の後継機となる家庭用ゲーム機を開発しており、米AMDがグラフィックスを担当すると報じている

 AMDはコメントを断ったものの、1月に行われたアナリスト説明会で、トーマス・セイファートCFOは2012年の売り上げを牽引するトレンドの1つとしてゲーム分野を挙げていたという。ソニーもコメントを断ったという。

 現行機であるPS3のグラフィックスは、米NVIDIAがGeForce 7800 GTX世代のGPUをベースに開発したカスタムチップである「RSX」を採用している。米MicrosoftのXbox 360はAMD(旧ATI)製グラフィックスチップを採用しており、任天堂も今年年末商戦向けに発売する次世代機「Wii U」ではAMDのGPUを採用する。

 PS3が発表されたのは2005年5月、発売は06年11月と時間が経っており、6月のゲーム展示会「E3」で“PS4”が披露されるのでは──という噂もあるが、ソニーの社長に就任する平井一夫副社長は「PS3のライフサイクルは10年」として、今年のE3での発表を否定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -