ニュース
» 2012年02月27日 13時46分 UPDATE

Huawei、クアッドコア搭載Android 4.0スマートフォン「Ascend D Quad」発表

Huaweiが“世界最速”をうたうAndroid 4.0スマートフォン「Ascend D Quad」を発表した。第2四半期に発売の予定(日本発売は未定)だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 中国のHuawei Technologiesは2月26日(現地時間)、クアッドコアプロセッサ搭載のAndroid 4.0(コードネーム:Ice Cream Sandwich)スマートフォン「Ascend D Quad」を発表した。第2四半期(4〜6月)に中国、オーストラリア、欧州、アジア太平洋地域、南米、北米、中東で発売の予定。

 プロセッサはHuawei製の1.2GHzおよび1.5GHzのクアッドコアK3V2。ディスプレイは4.5インチ(解像度1280×720)、カメラは800万画素とビデオチャット用VGAの2台。メモリは1Gバイトで、内部ストレージは8Gバイト。ネットワークはHSPA+、Wi-Fi、Bluetooth 3.0に対応する。サイズは129×64×8.9ミリで重さは不明。内蔵バッテリーは1800mAh。同じ仕様でバッテリー容量を大きく(2500mAh)した「Ascend D Quad XL」も発表された。XLは厚さが10.9ミリになる。色は白と黒の2色。

 また、プロセッサをTI製の1.5GHzデュアルコア(OMAP4460)に、バッテリーを1670mAhにスペックダウンした普及モデル「Ascend D1」も発表した。

 Ascend D Quad Ascend D Quad

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -