ニュース
» 2012年03月05日 19時35分 UPDATE

世界初のソーラーGPS腕時計、セイコーが発売

世界初というソーラーGPSウオッチをセイコーが発売。省電力化したGPSモジュールの内蔵で、世界のどこでも正確な時刻を表示できるという。

[ITmedia]
photo

 世界初という太陽電池で駆動するGPS内蔵腕時計をセイコーホールディングス、セイコーウオッチ、セイコーエプソンが開発し、9月下旬に発売する。世界のどこでもGPS衛星からの電波で時刻を自動的に修正し、いつでも正確な時刻を得ることができるという。

 開発したのは「セイコー アストロン」。ブライトチタンモデルが19万9500円から、ステンレススチールモデルが15万2250円から。

 内蔵GPSモジュールでユーザーの現在位置を測位し、現在位置のタイムゾーンに合わせて時刻を表示する。操作はボタンを押すだけで、一度合わせればGPS衛星から時刻情報を定期的に受信し、時刻を修正する。電波時計で使う標準電波が届かない地域でも、GPSの電波を受信して時刻の精度を維持できるという。

 GPSモジュールはエプソンが開発。従来のモジュールと比べ5分の1まで省電力化し、新構造の小型アンテナと組み合わせることでソーラーウオッチへの内蔵を可能にしたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -