ニュース
» 2012年03月19日 22時45分 UPDATE

Apple、配当の開始と自社株の買い戻しを発表

Appleは、第4四半期に1株当たり2.65ドルの配当を支払い、2013年度から最高100億ドル分の自社株買い戻しを行うと発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは3月19日(現地時間)、配当の再開と自社株の買い戻しを発表した。同社は前日に、「現金残高に関する議論の結果」に関する電話会見を開催すると発表し、配当の再開か、大規模買収の発表ではないかとうわさされていた。

 Appleが配当を支払うのは1995年12月以来だ。

 同社のピーター・オッペンハイマーCFO(最高財務責任者)は、年間100億ドル以上を配当に充て、向こう3年間で450億ドルを配当と自社株買い戻しに費やすと語った。

 同社は第4四半期(7〜9月)に1株当たり2.65ドルの配当を支払う。また、2013年度から最高100億ドル分の自社株を買い戻すという。

 この電話会見については、あらかじめ保有現金の用途以外の話はしないと発表されていたが、新iPadの売れ行きについての質問に対してティム・クックCEOは「記録的な週末を体験した」とのみ答えた。

 また、株式分割についても検討したが、当面は実行しないという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -