ニュース
» 2012年03月21日 15時25分 UPDATE

Google AnalyticsにソーシャルメディアのROI分析機能

Googleの無料Web分析サービス「Google Analytics」のソーシャル分析機能が、数週間中に強化され、TwitterやGoogle+などのソーシャルメディア別のコンバージョンなどが分析できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月20日(現地時間)、無料のWeb分析サービス「Google Analytics」のソーシャル分析機能を強化すると発表した。

 現行のGoogle Analyticsには既に「ソーシャルプラグインアナリティクス」機能(リンク先はヘルプページ)があるが、向こう数週間中に従来より詳細に分析できるようになる。

 Google Analyticsの「標準レポート」タブ→「ソーシャル」下の「エンゲージメント」「アクション」「ページ」という項目が、「Overview」「Sources」「Pages」「Conversions」「Social Plugins」「Social Visitor Flow」に置き換えられる。

 Overview(日本語版では恐らく「サマリー」になる)は、ソーシャルメディアからのトラフィックやコンバージョンへの影響などの概要をまとめたダッシュボードのような役割をするページ。「ユーザーサマリー」ページの、ソーシャルに特化したものになる。ソーシャルメディアからの訪問が、直接コンバージョンにつながったか、サポートしたかなどが概観できる。

 analytics 1 Overview

 Sourcesでは、ソーシャルメディアごとのエンゲージメントとコンバージョンが表示される。例えば、特定の製品についてのソーシャルキャンペーンを実施した場合、各ソーシャルメディアからの訪問者がキャンペーン経由で来たのかや、訪問者の直帰率などが分かる。

 analytics 2 Sources

 Conversionsは、Google+やTwitterなど、個別のソーシャルメディアのコンバージョン率が確認できる。

 analytics 3 Conversions

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -