ニュース
» 2012年03月29日 14時51分 UPDATE

Google、Google+のハングアウトAPIを公開 ドローイングツールやポーカーゲームが登場

Google+のビデオチャット「ハングアウト」にはGoogle Docsの共同編集機能があるが、新APIによってサードパーティーもハングアウト対応のゲームなどを作成できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月28日(現地時間)、ソーシャルメディアサービス「Google+」のビデオチャット機能「ハングアウト」でサードパーティー製アプリを利用できるようにするための「Hangouts API」を公開したと発表した。Google Developersページでライブラリやドキュメント、サンプルアプリなどをダウンロードできる。

 ハングアウトでは、GoogleのYouTubeの動画再生Google Docsの共同編集をしながらビデオチャットができるようになっているが、このAPIによって、サードパーティーも対応アプリを提供できるようになる。

 Googleは昨年12月にHangouts APIのプレビュー版の提供を開始しており、既にポーカーゲームやヌーラボによるオンラインドローイングツール「+Cacoo」などが利用できる。

 hangout 1 ハングアウトのページ左上にある「アプリ」をクリックすると、利用できるアプリが表示される
 hangout 2 +Cacoo

 開発者は、自社サイトにハングアウトアプリへのリンクボタンを設置しておくことで、クリックしたユーザーにすぐにGoogle+で利用してもらえるようになる。1度利用されたアプリは、ユーザーのハングアウトページの「アプリ」の「最近」タブに登録される。

 hangout 3 企業サイト上の「Hangout」ボタンをクリックすると、ハングアウトアプリを使ったハングアウトが立ち上がる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -