ニュース
» 2012年04月12日 16時28分 UPDATE

iPhoneとAndroidと連係するe-paper腕時計「Pebble」がKickstarterに登場

iPhoneとAndroidとBluetoothで連係するARMベースの腕時計型端末のプロジェクトがKickstarterに登場。スマートフォン経由でアプリを後からインストールして機能を追加することもできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 iPhoneやAndroidとBluetoothで連係する腕時計型端末「Pebble」が4月10日(現地時間)に米クラウドファンドサイトのKickstarterに登場し、12時間で目標の10万ドルを遙かに超える50万ドルを獲得した。

 pebble 1 既に4750人の出資者から約63万ドルが集まっている

 このプロジェクトを立ち上げたのは、BlackBerry用の腕時計型端末「inPulse」を販売するカナダのハードウェアメーカーAllertaのデザイナーチーム。Pebbleは、inPulseのiPhoneあるいはAndroid版の要望が多かったため、立ち上げたプロジェクトという。

 プロセッサにARM Cortex-M3を採用し、ディスプレイは144×168ピクセルのモノクロe-paper(バックライト付き)。物理的な4つのボタンを備え、バイブレーション機能を持つ。iPhoneおよびAndroidとはBluetoothで連係する。バッテリーはUSB経由で充電でき、1週間持続するという。

 GmailやIMAPメール、FacebookやTwitterの投稿を読めるほか、天気予報のアラートや目覚まし機能、タイマー機能が利用できる。スマートフォンの音楽再生をリモートコントロールすることも可能だ。スマートフォン経由でアプリをダウンロードすることで、時計画面のデザインを変えたり、さまざまな機能を追加できる。サードパーティー向けのSDKも用意されている。

 pebble 3 アプリをスマートフォン経由でダウンロード

 色は3色だが、出資者の投票で第4の色を決めるという。

 pebble2 色は白、黒、赤の3色

 プロジェクトは5月18日の太平洋時間の午後11時に完了する見込み。Pebbleの販売価格は150ドルになる予定だが、最初に99ドル以上出資した人200人に1本ずつ黒のPebbleが提供される(既に完売)。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -