ニュース
» 2012年04月19日 10時46分 UPDATE

TIMEの「世界で最も影響力のある100人のリスト」、ザッカーバーグとペイジは選外

TIME誌が毎年発表する「世界で最も影響力のある100人のリスト」の2012年版で、IT業界からはAppleのティム・クックCEOやFacebookのシェリル・サンドバーグCOOが選ばれた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米情報誌「TIME」は4月18日(現地時間)、2004年から毎年発表している「世界で最も影響力のある100人のリスト」の2012年版を公開した。IT業界からは米Appleのティム・クックCEOやNetscape創業者として知られるマーク・アンドリーセン氏が選ばれたが、米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOや米Googleのエリック・シュミット会長、ラリー・ペイジCEOの名前はない。

 「TIME 100」と名付けられたこのランキングは、「われわれをインスパイアし、楽しませ、問題を提起し、世界を変える開拓者や重要人物、指導者」を選ぶというものだ。2011年版では、ザッカーバーグ氏とペイジ氏も選ばれていた。今回はリストにないが、オプラ・ウィンフリー氏のように何度もリストに入る人物もいる。米大統領のバラク・オバマ氏は昨年に続いて2回連続で選ばれた。

 IT業界からは他に、Facebookのシェリル・サンドバーグCOO(最高運営責任者)、米ブログメディアMashableのピート・カシモア氏、ハッカー集団の「Anonymous」などが選ばれた。Appleのスティーブ・ジョブズ氏の伝記を執筆したウォルター・アイザックソン氏もリストに入った。

 リストの人名をクリックすると各人物評が表示される。ティム・クック氏についてはAppleの取締役を務めるアル・ゴア氏が書いており、「スティーブ・ジョブズ氏のような偉大なCEOの後を継ぐのは非常に難しいことだが、ティム・クックは少しもひるまずに」「既にApple全体に自身のリーダーシップを浸透させた」と評している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -