ニュース
» 2012年04月26日 21時24分 UPDATE

iPhone画面の可視光通信でメッセージを送れるアプリ「ピカピカメラ」 カシオが公開

iPhoneのディスプレイとカメラを使った可視光通信でメッセージを送れるアプリ「ピカピカメラ」をカシオがリリース。

[ITmedia]

 カシオ計算機は、iPhoneのディスプレイとカメラを使った可視光通信でメッセージを送ることができるアプリ「ピカピカメラ」をApp Storeで公開した。ディスプレイを点滅させて信号を送り、相手がカメラで読み取ることで可能にしており、同社によると世界初のアプリという。無料。

photo 画面内の複数の点滅を読み取ることも可能

 アプリ上でメッセージやデコレーションなどを指定して「メッセージを送信」ボタンを押すと、iPhoneの画面がさまざまな色を表示するようになる。同アプリを入れたiPhone/iPadのカメラでその画面をのぞくと、光を読み取ってメッセージやデコレーションがAR(拡張現実)として表示される仕組みだ。デジタルサイネージやテレビなどからのメッセージ受信にも対応可能という。

 カメラ同士が通信した状態なら、写真を撮ると撮られた人のiPhoneにも自動的に写真が送られてくる機能を備え、グループで撮影すれば全員が同時に写真を受け取れるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -