ニュース
» 2012年04月27日 21時51分 UPDATE

145インチのスーパーハイビジョン用PDP、NHKとパナソニックが開発

フルHDの16倍となるスーパーハイビジョン用145インチPDPをNHKとパナソニックが共同開発。

[ITmedia]

 NHKとパナソニックは4月27日、スーパーハイビジョン(SHV)用の145インチプラズマディスプレイパネル(PDP)を共同開発したと発表した。自発光・直視型のSHVディスプレイは世界初という。

photo 開発した145インチのSHV対応PDP=NHK提供

 画面サイズは3.3(横)×1.8(縦)メートル。60fpsで7680×4320ピクセルのSHV表示に対応し、画素ピッチは0.417ミリ。

 PDPは大型化が比較的容易だが、走査線数が増えると画面がちらつくなど不安定になりやすい課題があった。このため、画面の数位直方向に並ぶ複数の画素を同時に走査表示する新たな駆動法を共同開発し、走査線が4000本級のパネルでもちらつきのない安定した映像表示が可能になったという。

 ディスプレイは5月24〜27日のNHK放送技術研究所一般公開で展示する。

 SHVは現行フルHDの16倍となる高精細な映像が特徴。NHKは昨年シャープと共同で85インチ液晶ディスプレイを共同開発していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -