ニュース
» 2012年05月18日 09時49分 UPDATE

Twitter、「おすすめ」のパーソナライズ化を発表

TwitterがユーザーのWebサイト閲覧履歴に基づいた「おすすめユーザー」のパーソナライズ化を始める。「Do Not Track」機能を有効にしているか、デフォルトで有効になっている履歴収集設定を無効にすればパーソナライズ化はされない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは5月17日(現地時間)、「おすすめユーザー」をユーザー情報に基づいてパーソナライズ(カスタマイズ)すると発表した。一部のユーザーでのテストをスタートしたという。

 新規にアカウントを登録する画面に、新たに「Tailor Twitter based on my recent website visits(最近閲覧したウェブサイトを基にカスタマイズする)」という項目が加わった。この項目はデフォルトで有効になっており、これを有効にしておくと、作成したアカウントに対してTwitterがフォローをすすめるユーザーが、カスタマイズされたものになる。

 twitter 1 新規アカウント作成画面に追加された項目(赤い矢印の部分)

 Twitterがカスタマイズのために利用するのは、(登録前の)ユーザーが最近閲覧したTwitterエコシステム内のWebサイト(Twitterボタンやウィジェットを設置しているWebサイト)が提供するユーザーの閲覧情報だ(Twitterは、こうしたエコシステムでのユーザー情報の収集は、米Facebook、米LinkedIn、米YouTubeもやっていると説明している)。これらのWebサイトを閲覧した既存Twitterユーザーの多くがフォローしているユーザーが「おすすめ」として紹介される。

 おすすめのカスタマイズは、既存ユーザーにも提供される。ユーザー設定に、「おすすめユーザーのカスタマイズ」という項目と、その設定項目として「最近閲覧したウェブサイトを基にカスタマイズする」が追加される(現在はプレビュー)。こちらもデフォルトで有効になっている。

 twitter 2 ユーザー設定に追加された「おすすめユーザーのカスタマイズ」

 カスタマイズに利用されるWebサイトの閲覧情報は、約10日間保存された後、削除もしくは集約される。閲覧情報を提供したくないユーザーは、上記の各項目のチェックを外すことで拒否できる。

 同社はこのパーソナライズ機能の追加とともに、サービス利用規約プライバシーポリシーを更新した。

 また、Twitterが同日発表した「Do Not Track」のサポートにより、主要WebブラウザでDo Not Track機能を有効にしているユーザーおよびこれからアカウントを作成するユーザーの場合、Twitterのおすすめユーザーのカスタマイズはデフォルトでオフになる。

 おすすめユーザーのカスタマイズに加え、新規登録ユーザーのおすすめユーザーの表示方法も、フォロー相手を選びやすいように改善された。フォロー相手を選ぶ画面が、左側におすすめユーザーの一覧、右にそれらのユーザーのツイートで構成されたタイムラインが表示される。新規登録ユーザーは、実際のツイートを読んで、どのユーザーをフォローするかを決められる。

 twitter 3

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -