ニュース
» 2012年05月22日 10時50分 UPDATE

Windows 8はマルチモニタ機能も改善 タスクバーが全モニタに

Windows 8ではモニタごとに壁紙を変えたり、全モニタにタスクバーを表示できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月22日(現地時間)、次期OS「Windows 8」のマルチモニタ機能を紹介した。Windows 7でリクエストの多かったタスクバー機能の改善や、Metroアプリの起動方法などを説明している。その中から幾つかを紹介する。

 monitor マルチモニタ使用例

選べるタスクバー設定

 Windows 7では、タスクバーはメインのモニタでしか表示できなかったが、Windows 8ではすべてのモニタにタスクバーを表示できる。タスクバー上のボタンの表示方法は、設定画面で次の3つの方法から選択できる。

  • すべてのタスクバーですべてのボタン表示する(初期設定)
  • メインモニタにはすべてのボタンを、ウィンドウを開いているモニタではそのモニタで開いているボタンのみを表示する
  • メインモニタを含め、各モニタでウィンドウを開いているボタンのみ表示する
 monitor 1 メインモニタにはすべてのボタンを、ウィンドウを開いているモニタではそのモニタで開いているボタンのみを表示する設定の場合

各モニタで“角”や“端”が利用可能に(Release Previewからの機能)

 現在公開されているWindow 8のConsumer Previewでは、例えばマウスを画面右端に置いてチャームバーを表示するといった操作がメインモニタでしかできないが、6月第1週に公開予定のRelease Previewではこれがすべてのモニタでできるようになる。どのモニタからでもスタート画面を立ち上げたり、最近使ったアプリを起動したりすることができる。

マルチモニタでの画面カスタマイズ

 画面のプロパティをモニタごとに設定できるようになった。これにより、壁紙やスクリーンセーバーの画像をモニタの解像度に合わせて設定できる。また、モニタを横断した壁紙を設定することもできる。Microsoftはそのために、パノラマ画像の壁紙も用意したという。

 monitor 2 2台のモニタにまたがる壁紙

 MicrosoftはYouTubeの公式チャンネルで、この他の新機能を含むマルチモニタ機能の紹介動画を公開している。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -