ニュース
» 2012年05月29日 10時17分 UPDATE

プレステ携帯「Xperia PLAY」はAndroid 4.0にアップデートせず

Sony Mobile Communicationsは2011年発売の多数のAndroid端末をAndroid 4.0にアップデートする予定だが、プレステ携帯「Xperia PLAY」はゲームの安定性を重視してアップデートしないと決定した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ソニー傘下のSony Mobile Communicationsは5月25日(現地時間)、同社が提供するAndroidスマートフォンのAndroid 4.0(コードネーム:Ice Cream Sandwich)へのアップデートのスケジュールを更新した。

 xperia play Xperia PLAY

 これまでアップデートを検討中としていた“プレステ携帯”の「Xperia PLAY」はアップデートしないことを決定したという。Xperia PLAYは2011年2月に発表され、日本ではドコモが販売している。

 Sony Mobileは、開発者やパートナーとともにXperia PLAYのAndroid 4.0テストを重ねた結果、特にゲーム操作での安定性が確保できないという結論に達したという。

 この他のモデルのAndroid 4.0(バージョンは4.0.4)アップデートスケジュルは以下の通り。なお、アップデートの有無、具体的なアップデートの日程は端末を扱っている各国の通信キャリアによって異なるとしている。

既に4月にアップデート済み

  • Xperia arc S
  • Xperia ray
  • Xperia neo V

 これらはバージョン4.0.3にアップデートされたが、4.0.4に再アップデートされる。

5月中

  • Xperia arc
  • Xperia neo
  • Xperia mini
  • Xperia mini pro
  • Xperia pro
  • Xperia active
  • Sony Ericsson Live with Walkman

6月末

  • Xperia S

第3四半期(7〜9月)中

  • Xperia P
  • Xperia U

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -