ニュース
» 2012年06月05日 12時08分 UPDATE

ゴリラガラスのCorning、超薄でモノを包めるガラス「Willow Glass」を発表

印刷用紙程度の厚さで曲げたり巻いたりできるガラスシート「Willow Glass」をGorilla GlassメーカーのCorningが発表した。500℃までの高温に耐えるため、ディスプレイの他、太陽電池などの潜在用途もある。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Corningは6月4日(現地時間)、印刷用紙程度の厚さでフレキシブルなガラス「Willow Glass」を発表した。

 Willow Glass Willow Glassは巻くこともできる

 Corningは、多数のスマートフォンがディスプレイで採用しているゴリラガラス(Gorilla Glass)のメーカー。間もなく日本で発売される韓国Samsung Electronicsの「GALAXY S III」にも、同社の「Gorilla Glass 2」が採用されている。

 Willow Glassの厚さは100ミクロン(=0.1ミリ)で、これは一般的な印刷用紙の厚さだ。薄い上に強度があり、柔軟なため、例えば端末を“包み込む”形のディスプレイを設計することも可能という。また、500℃までの高温に耐えるため、ハイエンドディスプレイに適しているとしている。OLEDでもLCDでも採用でき、カーブしたディスプレイにも使える。また、照明やフレキシブルな太陽電池などの用途にも適しているとしている。

 既にディスプレイやタッチ端末メーカーにサンプルを出荷しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -