ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2012年06月15日 08時39分 UPDATE

「Samsung Facebook」のうわさをSamsungが全面否定

SamsungがFacebook対抗の独自ソーシャルメディアサービスを準備中という報道をSamsungが否定した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは6月14日(現地時間)、前日に韓国の英字紙Korea Timesが伝えた「Samsung Facebook」のうわさは事実無根だと否定した。

 Korea Timesは、匿名のSamsung幹部からの情報として、Samsungが2013年初頭にFacebookのような独自のソーシャルネットワーキングサービスを立ち上げると報じた。このサービスは、同社のスマートTVやスマートフォン、タブレット向けコミュニケーションサービス「Family Story」をベースに、スマートフォンやスマートTV、デジタルカメラなどネットワークに接続する端末で利用できるものになるとしていた。

 Samsungは昨年からクロスプラットフォームのモバイルチャットサービス「ChatOn」を提供しており、このサービスとFamily Storyを統合すればFacebookに対抗するサービスを構築できるという。

 これに対しSamsungは公式ブログで「SamsungがFacebookに似た“Samsung Facebook”なるサービスを開発しているという報道があったが、これは真実ではなく、うわさは事実無根だ」と語った。

 また、Family Storyは2012年2月から提供しているが、このサービスは名称通り家族内のコミュニケーションや写真の共有を目的としたものであり、Facebookとまったく異なるものだと強調。Family Storyのアップデートは予定しているが、現行機能を強化するだけだと語った。

 family story Family Storyの画面

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.