ニュース
» 2012年07月03日 07時35分 UPDATE

Windows XPからも可能:「Windows 8 Pro」へのアップグレードは39.99ドル(期間限定)

Microsoftが「Windows 8 Pro」のアップグレード版を2013年1月末までオンラインで39.99ドルで販売する。Windows XP SP3からもアップグレードできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月2日(現地時間)、次期OS「Windows 8」へのオンラインアップグレードについて発表した。「Windows 8 Pro」へのオンラインアップグレード価格は、2013年1月31日まで39.99ドルになる。Windows 7発売時のProfessionalエディションへのアップグレード価格(キャンペーン中)が約100ドル(キャンペーン参加小売店により異なった)だったことからみると、かなりの低価格だ。

 アップグレード版はWindows.comからダウンロード購入できる。15ドルでバックアップDVDを追加することも可能。ダウンロード版ではなく、DVDでアップグレード版を購入する場合の価格は、2013年1月31日まで69.9ドルだ。

 Windows 8には(ARM版の「Windows RT」を除くと)3エディションあるが、今回発表になったのはWindows 8 Proのキャンペーン価格のみ。

 また、Windows XP SP3とWindows Vistaからのアップグレードが可能であることが明らかになった。ただし、Windows XP SP3ではデータファイルは移行できるが、Windows設定とアプリケーションは移行できない。Windows Vistaではアプリケーションを移行できない。

既存Windowsからアップグレードで保てるのは?
現在のバージョン 個人データ Windows設定 アプリケーション
Windows 7
Windows Vista ×
Windows XP SP3 × ×

 Windows 8にアップグレードした後、「Windows Media Center」を無料で追加できる。

 Windows.comでのアップグレードでは、ユーザーの現行Windowsバージョンに合わせてWindows 8 Upgrade Assistantが1ステップずつインストール手順を指示してくれる。

 windows 8 upgrade 1 Windows 8 Upgrade Assistantの画面
 windows 8 upgrade 2 インストール中もPCを使える

 Microsoftはこのキャンペーンとは別に、2012年6月2日〜2013年1月31日にWindows 7搭載PCかWindows 7のDSP版を新規に購入したユーザーに対し、Windows 8 Proへのアップグレード版のダウンロード製品を14.99ドル(1200円)で提供するキャンペーンも実施中だ。

 Windows 8の発売時期はまだ公表されていないが、RTM(製造工程向けリリース)が7月、正式版は10月とみられている。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。