ニュース
» 2012年07月26日 07時37分 UPDATE

Windows版のダウンロードボタンが消滅:Mac版「Safari 6」リリース OS X Lionアップデートも

「OS X Mountain Lion」発売に合わせ、AppleがWebブラウザ「Safari 6」をリリースした。OS X Lionでアップデートできるが、Windows版はまだないようだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは7月25日(現地時間)、新OS「OS X Mountain Lion」の発売に合わせ、Webブラウザ「Safari」もアップデートした。旧OSの「OS X Lion」でも「Apple Software Update」で更新できる。

 OS X Lionでは、タブビューやiCloudタブ、共有機能などの一部の新機能は利用できないが、スマート検索フィールドやオフラインのリーディングリスト、Webサイトによる行動追跡拒否の意思を示す「Do Not Track」への対応などが加わった。新機能については、Safariの新機能のページを参照のこと。

 safari

 なお、従来SafariのページにあったWindows版Safariのダウンロードボタンがなくなっている。また、Windows版Safariの最新版であるバージョン5.1.7をインストールしてあるPCで「Apple Software Update」を起動しても「お使いのソフトウェアは最新のものです。」と表示される。

 Appleが今後、Windows版Safariの提供をやめるのかどうかは不明だ。Apple関連の米メディア9TO5Macによると、開発者向けのプレβ版に当たるWebkitのNightlyビルドはダウンロードできるという。

 米Microsoftが10月26日に発売予定の次期OS「Windows 8」向けWebブラウザとしては、米GoogleのChromeとMozillaのFirefoxは提供される見込みだが、AppleはSafariを対応させるかどうか明らかにしていない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -