ニュース
» 2012年07月31日 08時52分 UPDATE

Google、GmailのビデオチャットをGoogle+のハングアウトに切り替え

Gmailのビデオチャット機能がハングアウトになり、グループチャットやGoogle Docsの共同編集が可能になる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月30日(現地時間)、Gmailのビデオチャット機能を、Google+のビデオ会議機能「ハングアウト」に切り替え換えると発表した。同日から数週間をかけて、まず個人のGoogleアカウントで、その後Google Appsのアカウントで、段階的に切り替えていく。

 Gmailには2008年にボイス/ビデオチャット機能が追加された。Googleは、ハングアウトはGoogleのネットワークを使っており、P2Pベースの従来のビデオチャット機能より信頼性が高く、高品質だと説明する。

 Google+のプロフィールを作成していなくても従来同様の1対1のビデオチャットが可能だ。Google+のプロフィールを作成していれば、9人まで招待できるグループチャットが可能だ。また、相手がGmailを立ち上げていなくても、Google+を起動していればチャットに招待できる。

 GoogleはGoogle+をあらゆるサービスと統合しようとしている。今年の1月から、新規にGoogleアカウントを作成すると自動的にGoogle+に加入するようになった。ハングアウトでは、Google Docsのドキュメントを共同編集したり、YouTubeの動画を一緒に視聴したりできる。同社は第2四半期(4〜6月)の業績発表の際、Google+のユーザー数を約2億5000万人と発表した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -