ニュース
» 2012年08月08日 06時30分 UPDATE

Google自動運転カー、48万キロを無事故で走破 レクサスのSUVも登場

雪道などさまざまな環境でのテストを行う目的で、新たにレクサスのRX450hを実験車に加えた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月8日(現地時間)、自動運転カープロジェクトの実験車での走行距離が累計で30万マイル(約48万キロ)を突破したと発表した。これまで無事故だったという(2011年8月の追突事故は人による運転中だったのでカウントされていない)。

 現在、実験車は十数台。車種はトヨタのプリウスが中心だったが、新たにSUVタイプのレクサス(RX450h)が追加された。異なる環境・車種でアルゴリズムをテストするのが目的という。

 lexus RX450hの自動運転カー

 Googleは次のステップとして、これまで必ず2人乗りで行ってきた実験を、通勤のような決まったルートの走行では1人での乗車に切り替える。将来的には完全に自動車に運転を任せて通勤中に仕事ができるようにしたいが、当面は人は運転席に座って必要に応じて運転を補佐するとしている。

 Googleは2010年から自動運転カーの開発を続けており、3月には20万マイル(約32万キロ)を走破。5月に米ネバダ州で、公道で試運転できる免許を取得している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -