ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2012年08月16日 10時40分 UPDATE

Android版Google Mapsがアップデート 経路検索機能を強化

経路検索に対応する公共交通機関が大幅に増えた他、マイプレイスに検索履歴やオフライン地図がまとめられた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月15日(現地時間)、Android版Google Mapsをバージョン6.10にアップデートしたと発表した。Google Playでアップデートできる。

 このアップデートで、利用できる公共交通機関の時刻表データが大幅に拡大したという。JRだけでなく、小田急電鉄や東京メトロ、リムジンバスなど多数の交通機関が対応した。公共交通機関を使っての経路検索で、これまで表示されなかったルートも選択できるようになった。

 また、「路線図」レイヤで表示する交通機関を選択できるようになった。現在はこのレイヤを表示させると、(対応する)鉄道、地下鉄、バス、路面電車などの路線図がすべて表示されるが、例えば地下鉄の路線図だけを表示することなどができる。

 maps1 すべての交通機関を表示した状態(左)と地下鉄だけを表示した状態(右)

 地図上で駅名をタップして表示される駅情報のページもアップデートされ、その駅に乗り入れる路線の直近の発着情報と、最寄りの駅が表示されるようになった。

 maps2 駅データのページ。旧版(左)と新版(中央)、新版では近くの駅も表示されるようになった(右)

 この他の新機能としては、地名や郵便番号を検索した結果で対象地域の境が表示されるようになり、マイプレイスにマイマップ、チェックイン、評価済みのタブが追加され、ダッシュボードでデイリーベースのロケーション履歴を閲覧できるようになった(ロケーション履歴を有効にしている場合)。また、アイコンのデザインが少し変わった(赤いマーカーが付いた)。

変更履歴:日本のGoogle Playが更新されたので、実際に検証して内容をアップデートしました。[2012/8/16 14:30]



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.