ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2012年08月23日 16時48分 UPDATE

Google+に投稿通知メールやおしゃべりなメンバーの“ミュート”機能

重要なサークルで、すべての投稿をプッシュ通知するよう設定でき、サークル内で頻繁に投稿するメンバーだけこっそりプッシュ通知を外すこともできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月22日(現地時間)、ソーシャルサービス「Google+」のストリーム(Facebookのニュースフィードに当たる)に表示する投稿を調整する3つの機能を追加した。

 Google+にはストリームで表示する投稿の量を、サークルごとにスライダーで調整する機能があるが、このスライダーの目盛が1つ増え、最も右(すべての新しい投稿のお知らせも登録します)に設定すると、サークル内の誰かが投稿するとプッシュ通知が送られてくる。

 plus 1 最も右に設定するとスライダーに赤いベルマークが表示される

 スライダーを右端に設定したサークルに投稿する場合、投稿欄の「共有」ボタンの右に「(サークル名)にもメールを送信する」という選択ボックスが表示される。これをチェックすると、サークル内の全員に投稿を知らせるメールが送信される。受信したメールに返信すると、その返信は投稿へのコメントとしてストリームに表示される。

 plus 2 Google+のアカウント作成で登録したメールアドレスに通知が送信される

 そうした重要なサークル内に例えば突出して頻繁に投稿するメンバーがいる場合、プッシュ通知が頻繁に来て煩わしいことになる。そうした場合の対策として、個別のメンバーを“ミュート”できる。個人のプロフィールページの右下に表示される「○○さんをミュート」をクリックすると、そのメンバーの投稿はストリームには表示されるが、プッシュ通知は来なくなる。

 plus 3 ミュートしたかどうか相手には分からない

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.