ニュース
» 2012年08月31日 13時25分 UPDATE

国内訴訟はApple敗訴 東京地裁、Samsungの特許侵害認めず

AppleがSamsungを国内で訴えた訴訟の判決は、Samsungによる特許侵害を認めず、Appleの請求を棄却。

[ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsが日本で販売する「GALAXY」シリーズが特許を侵害しているとして、米AppleがSamsungに1億円の損害賠償を求めた訴訟の中間判決が8月31日、東京地裁であり、東海林保裁判長はSamsungによるAppleの特許侵害を認めず、Appleの請求を棄却した。

 両社の特許紛争が日本の裁判所で判断されるのは初めて。

 Appleは、PCとメディアプレーヤーとの間でコンテンツを簡単に同期できる機能についての技術の特許を侵害されたと主張していた。AppleはSamsung製品の販売差し止めを求める仮処分も申し立てている。

 Samsungも日本でiPhone 4SとiPhone 4、iPad 2の販売差し止めを求めて昨年10月、東京地裁に提訴している。SamsungはHSPA技術と3件のユーザーインタフェース(フライトモードのアイコン、ホームスクリーンのカスタマイズ、アプリストアでの3部構成のカテゴライズ)に関する特許を侵害されたと主張している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -