ニュース
» 2012年09月12日 07時19分 UPDATE

Intel、Ultrabookの音声・ジェスチャー入力機能を発表 年内に対応PCが登場

IntelがWindows 8搭載Ultrabook向け音声・ジェスチャー入力、顔面認識対応アプリケーションを開発する「Intel Perceptual Computing SDK」のβ版を10月にリリースする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Intelは9月11日(現地時間)、サンフランシスコで開催の開発者向け会議「Intel Developer Forum 2012」において、米Microsoftの次期OS「Windows 8」搭載PC向けの音声・ジェスチャー入力アプリを開発できるSDK「Intel Perceptual Computing Software Development Kit(SDK)」を発表した。10月にβ版の無料ダウンロードを開始する。

 intel SDKのβ版は10月にダウンロード開始

 このSDKにより、Intel Coreプロセッサ搭載のUltrabookおよびPCで稼働するジェスチャー・音声認識、顔面認識、オブジェクトトラッキング機能を利用するアプリを開発できる。米Dellが、音声入力機能を搭載するUltrabook「Dell XPS13」を第4四半期初頭に米国で発売する計画という。同モデルでは、米Nuance Technologyの音声認識技術をCoreプロセッサに最適化した「Dragon Assistant Beta」を採用する。

 米Creative Technologyが、Perceptual Computing SDKをサポートするカメラと開発キットを第4四半期に公開する。この「Interactive Gesture Camera」は、高精細のWebカメラと赤外線センサー、マイクを搭載しており、音声とジェスチャーでの入力に対応する。

 intel 2 Creativeの音声・ジェスチャー入力対応Webカメラ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -