ニュース
» 2012年09月12日 09時09分 UPDATE

「Windows 8」向けアプリストア、個人開発者も登録可能に

Microsoftが、Windows 8の(旧)Metroスタイルアプリストア「Windows Store」へのアプリ登録を全開発者に開放した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは9月11日(現地時間)、次期OS「Windows 8」向けのアプリストア「Windows Store」へのアプリ登録を全開発者に可能にしたと発表した。個人開発者もMSDNに加入すればアプリを登録できる。

 win store 1 開発者向けWindows Storeページ

 同社は8月に企業開発者の登録受付を開始しており、有料アプリの登録も可能になっている。今回、個人開発者に対しても、1年間無料のWindows Store開発者アカウントが提供される(1年後からの個人での登録料は年間4900円)。Microsoftにとっては、10月26日のWindows 8リリースまでに多数の有用なアプリが登録されることが望ましい。

 なお、Windows Storeに登録できるアプリは、以前は「Metro style Apps」と呼ばれていたが、Microsoftは現在は「Windows Store Apps」と呼んでいる。これが正式名称かどうかは不明だ。

 win store 2 以前は「What's a Metro style app?」というタイトルだったページ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -