ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2012年09月19日 07時51分 UPDATE

Twitter、モバイル公式アプリをアップデート iPadの“重ね表示”は消滅

TwitterがiPhone、iPad、Androidの公式アプリをアップデートした。プロフィールページにFacebookのタイムラインのような画像を設置できるようになり、iPadアプリはかなりユーザーインタフェースが変わった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは9月18日(現地時間)、米AppleのiPadとiPhone、米GoogleのAndroid向け公式アプリをアップデートしたと発表した。iOS版はバージョン5.0に、Android版はバージョン3.4.0になった。iPad版は特徴的だったページを重ねるように表示するユーザーインタフェース(UI)ではなくなった。

 いずれも、プロフィールページにFacebookのようなヘッダが表示されるようになった。このヘッダの画像の設定は、モバイルアプリからもできる。プロフィールページにツイートに添付した画像の一覧が表示されるようになった。この画像一覧は左右のスワイプで閲覧でき、タップすると単独で表示できる。Android版では、画像をピンチ&ズームすることも可能だ。

 以前は1画面で表示できたプロフィールの説明テキストが、iPhoneとAndroidではヘッダ部分を左にスワイプしないと読めないようになった。iPadでは、長いテキストの場合全部表示されない(表示部分の最後が「...」になる)。

 iPadでは、これまではタイムラインでツイートをタップすると右からスライドしてくる別のページにそのツイートが表示されるUIだったが、タイムライン上で拡大表示されるようになった。そのまま上下にスワイプすれば、タイムラインの続きが読める。

 iPadの左カラムのメニューがコンパクトになり、iPhoneと同じ項目に統一された(以前はトップに自分のアイコンがあり、上から「タイムライン」「@ツイート」「メッセージ」「リスト」「プロフィール」「検索」となっていたのが、「ホーム」「つながり」「見つける」「アカウント」になった)。複数アカウントの切り替えがこの左カラムでできなくなり、「アカウント」をタップして自分のプロフィールページを表示し、ヘッダの右下にあるボタンをタップして切り替えるようになった(iPhoneとAndroidでも同じUIになった)。

 twitter iPad版公式Twitterアプリ。タイムライン上でツイートを拡大表示できる(左)。プロフィールページにFacebookのようなヘッダがついた(右)

 なお、今回のアップデートにより、公式モバイルアプリからの画像アップロードにサードパーティー製アプリを使えなくなった(詳細記事)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.