ニュース
» 2012年09月20日 09時46分 UPDATE

Forbesの米国長者番付、Facebook株価下落でザッカーバーグCEOは36位

Forbesが発表した恒例の米国長者番付では、1位は19年連続でMicrosoft創設者のビル・ゲイツ氏。昨年14位だったFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOは36位に急落した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Forbes誌は9月19日(現地時間)、恒例の米国長者番付を発表した。トップは19年連続でMicrosoft創設者のビル・ゲイツ氏。昨年14位だったFacebookの創設者マーク・ザッカーバーグCEOは、同社の株価低迷で36位に急落した。

 ゲイツ氏の推定資産は660億ドル。3月に発表された世界の長者番付では、メキシコの通信企業Telmexの会長などを務める実業家、カルロス・スリム・ヘル氏に次ぐ2位となっている。

 3位までは前年と変わらず、2位は投資家のウォーレン・バフェット氏(推定資産460億ドル)、3位はOracleのラリー・エリソンCEO(同410億ドル)だった。

 forbes

 IT関連では、昨年14位だった米Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが11位に、15位だった米Googleの創業者コンビ、サーゲイ・ブリン氏とラリー・ペイジCEOが13位にそれぞれ上昇した。同社のエリック・シュミット会長は45位だ。また、昨年10月に亡くなったスティーブ・ジョブズ氏の妻、ローレンス・ジョブズ氏が28位になっている。

 ザッカーバーグ氏の昨年の推定資産は175億ドルだったが、今回は94億ドル。Facebookの株価が5月の株式公開以来、低迷を続けているのが原因だ。同氏は現在、Facebookの約31%に当たる5億360万株を保有している。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。