ニュース
» 2012年09月26日 06時57分 UPDATE

「Google Chrome 22」の安定版リリース 「Chrome for iOS」もiPhone 5とiOS 6に対応

最も危険度が高い「Critical」レベルの1件を含む多数の脆弱性に対処した他、拡張機能にショートカットを割り当てられるようになるなど幾つかの新機能が追加された。iOS版Chromeはバージョン21のマイナーアップデートで、iPhone 5の画面サイズへの対応が中心。

[鈴木聖子, 佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月25日(現地時間)、Webブラウザ安定版の最新バージョンとなる「Chrome 22」(バージョン22.0.1229.79)を公開した。インストール後、再起動が必要だ。

 また、24日には6月にリリースした「Chrome for iOS」もアップデートした。こちらは21日に米Appleが発売した「iPhone 5」の画面サイズへの対応と、安定性とセキュリティの強化のみで、バージョンは21.0.1180.82となっている。

 Chrome 22の主な新機能は「Pointer Lock JavaScript API」の組み込みと拡張機能にショートカットを割り当てられるようになったこと(後述)で、その他には以下のような変更があった。

  • Windows 8への対応強化
  • 「設定」のアイコンが従来のレンチから、Androidと同じ3本線のアイコンになった
  • HiDPI/Retinaディスプレイへの対応強化
  • 「Google Chromeについて」の表示変更(「概要」というページに表示されるようになった)

ゲームでマウスの非表示が可能に

 「Pointer Lock JavaScript API」を組み込んだことで、ChromeでFPS(First Person Shooter、バイオハザードのような一人称視点の)ゲームをプレイする際、マウスカーソルを非表示にしたまま、マウスで視界をコントロールできるようになった。

 chrome 1 Chrome上のFPSゲームの例

 この機能はゲームだけでなく、医療アプリやトレーニングアプリなどにも生かせるとしている。

拡張機能とアプリケーションへのショートカット割り当て

 [設定(3本線アイコン]→[設定]→[拡張機能]の右下に「コマンドを設定する」というリンクが追加された。これをクリックすると有効にしている拡張機能とアプリケーションにキーボードショートカットを割り当てるためのダイアログが表示される。ここで各拡張機能の「未設定」枠をクリックし、割り当てたいショートカットをキーボードで入力できる。

 chrome 2 拡張機能にショートカットを割り当てる

セキュリティ関連の修正

 今回も多数の深刻な脆弱性に対処した。特に、Chrome外に存在する極めて深刻な脆弱性として「Windowsカーネルのメモリ破損問題」を挙げ、Googleではこの問題を部分的に回避することができたとして、情報を寄せた研究者に特例で5000ドルの高額賞金を贈呈した。危険度は同社の4段階評価で最も高い「Critical」と位置付けている。このレベルの脆弱性を悪用された場合、攻撃者がサンドボックスを迂回して任意のコードを実行できてしまう恐れがある。

 このほかに25件の脆弱性が修正されており、そのうち危険度が上から2番目に高い「High」が15件を占めている。特に「フレーム処理におけるユニバーサルクロススクリプティング(UXSS)」については1万ドル、「v8バイナリにおけるUXSS」については5000ドルの高額賞金が、同じ研究者に授与された。

 また、Linuxのみに影響するCriticalレベルの脆弱性として、「タブ処理におけるクラッシュ」の問題が修正されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -