ニュース
» 2012年10月02日 14時00分 UPDATE

YouTube、米大統領選の全ディベートをライブ配信

11月6日の大統領選を控え、バラク・オバマ氏対ミット・ロムニー氏の両候補による4回にわたるテレビ討論を、ABC NewsがYouTubeでライブ配信する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは10月1日(現地時間)、パートナーメディアのABC Newsが公式YouTubeチャンネルで2012年米大統領選の全ディベートをライブ配信すると発表した。ユーザーは大統領選挙特設チャンネルYouTube Elections Hubでこれらのディベートを視聴できる。最初の配信は東部時間の3日午後9時から。4回のディベートのすべてがネット上でライブ中継されるのは初という。

 米大統領選の投票は11月6日。米国の大統領選挙では、両党の候補(今回は民主党のバラク・オバマ現大統領と共和党のミット・ロムニー候補)によるテレビ討論の成否が勝敗に大きく影響するといわれるほど、このイベントは重要だ。

 YouTube Elections Hubは文字通りYouTube上の大統領選情報のハブになっており、ABC Newsの他、Al Jazeera English、BuzzFeed、Larry King、New York Times、Phil DeFranco、Univision、Wall Street Journalといったパートナーメディアによる選挙関連ニュースを視聴できる。Univisionはディベートのスペイン語の同時通訳を提供する計画だ。

 debate YouTube Elections Hub

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -