ニュース
» 2012年10月04日 20時13分 UPDATE

iOS 6でストリートビュー表示が可能に Web版Googleマップで

iOS 6向けGoogleマップアプリが待望される中、Webアプリ版Googleマップでストリートビュー機能が利用できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米AppleのiOS 6搭載端末のWebブラウザで、Googleマップのストリートビューが使えるようになった。10月4日現在、米Googleからはまだ正式な発表はないが、日本でも既に利用できる。

 利用できる地域はまだ限られるようだが、利用できる地域を表示すると、右下にストリートビューの人形アイコンが表示される。人形が表示される画面で画面上をタップし、マーカーが表示されれば、人形をタップするとそのマーカーの場所のストリートビューが全画面表示される。

 street 1 右下に人形がある画面ならストリートビューが表示できる
 street 2 マップ画面に戻るには、右上の白い☓をタップする

 マップ画面に戻るには、右上の☓をタップする。

 AppleはiOS 6に搭載した新マップアプリのエンジンを、従来のGoogle Mapsから自社独自のものに切り替えたが、Apple自ら認めるように、まだ完全なレベルに達していない。同社のティム・クックCEOは先月末、マップの不具合についてユーザーに謝罪した際、代替サービスとしてWebアプリのGoogleマップを他の製品とともに推奨した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -